セレッソ大阪スポーツクラブ

ハナサカブログ

関西サンライズリーグ2部 第8節 S.C.INTERNACIONAL JAPAN戦|プレビュー:

2024.04.27
2024年4月27日(土)高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ2024 関西サンライズリーグ2部 第8節
セレッソ大阪和歌山U-15 - S.C.INTERNACIONAL JAPAN
試合詳細 >
------
本日、高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2024関西サンライズリーグ2部第8節 vs S.C INTERNACIONAL JAPANが鶴見緑地球技場で行われました。

セレッソのキックオフで始まった前半、立ち上がりはボールをしっかりと動かす事ができました。DFラインからボールを前進させようと試みます。しかし、1stタッチやパスの質が上がらず、時間の経過とともに相手のプレッシャーを受けてしまい、自陣でのプレー、後ろ向きのプレーが増えてしまいます。また前線にボールが入っても孤立してしまい、起点を作る事ができません。
そのような状況が続き前半22分、自陣で左サイドでボールを奪われて、奪い返しにいく際にファウルをとられて、FKのピンチを迎えます。
角度のない位置からでしたが、直接ゴールへ放たれたボールはGK尾藤の頭上を超えて、ゴールへ吸い込まれていき、0-1となりました。
前半のうちに同点に追いついておきたい展開となったその後は前線でボールを受けたFW泉本との距離感が良くなった2列目の選手たちがボールを追い越し、相手コートでのプレーが増えていきます。CK、FKとチャンスを迎えましたが、決めることができず、前半を終了します。

ハーフタイムには、ボールを前進させる為に1stタッチにこだわってプレーすること、ボールの移動中に相手を観ながらプレーすること、また守備についても粘り強く対応する事を確認します。

後半に入っても立ち上がりは前半同様の展開となりましたが、交代選手が試合を動かします。途中出場MF北野がDFラインの背後を狙い始めます。そこへ右サイドからクロスを入れますが、決め切る事ができません。同じく途中出場MF米田が巧みなポジショニングで攻撃にアクセントを加えます。
後半30分、自陣でのFKから丁寧にボールを左サイドへ展開して、そこからゴール前で縦パスを受けたFW泉本が1タッチで中央で前向きを作った米田を使います。米田は右サイドでフリーのMF宮井へラストパスを送り、宮井は右足を振り抜き、ゴール左隅へ決めて、1-1とします。
その後も北野がDFラインの背後抜け出してGKと1vs1の場面をむかえますが、決め切る事ができません。
良い時間帯でしたので追加点を奪いたい所でしたが、またしても相手にFKを与えてしまい失点してしまいます。ピッチ中央ゴールまで約25m付近から直接ゴールへ向かってきたボールはGK尾藤がファンブルしこぼれ球を押し込まれて、1-2となります。
反撃へ出ていきたい状況でしたが、逆に自分たちの背後にできたスペースを素早く突いてくる相手に追加点を与えてしまいます。
後半39分、前掛かりになった所をカウンターを受けてしまい、1-3。
後半アディショナルタイムにもCKを押し込まれて1-4。これで試合終了となりました。
後半給水タイム後にようやく本来の力を出し始めたように感じる試合でしたが、この試合の全てが今の自分たちの現状である事を受け止めなければいけません。
5月に入り、リーグ戦が続き、修正できる時間は限られていますが、時間を無駄にする事なく、もう一度原点に立ち返り、自分たちの良さを試合で発揮できるように取り組みます。

本日も保護者、サポーター、関係者の皆様、応援していただきありがとうございました。
引き続き、温かいご声援よろしくお願いいたします。


(セレッソ大阪和歌山U-15コーチ  但馬 佳樹)